ちょっと一言

気の向くまま書き込んでいこうかな、と考えています。

コーヒーを飲むことで口臭が起こってしまう原因

コーヒー豆の微粒子が舌に付着する

舌には味覚を感知するための突起が多く存在します。舌の突起である舌乳頭にコーヒー豆を抽出するときに出る微粒子が付着し、溜まることが口臭の原因となります。この微粒子が舌に付着したまま時間が経ってしまうと口臭が強くなります。

お口の中を酸性にする

コーヒーはお口の中を酸性に傾けてしまい、コーヒー内に含まれる渋み成分は唾液の分泌を悪くしてしまいます。唾液の機能としてお口の中を潤いを保ち、細菌の増加を防ぐ機能があります。唾液の量が減少したり、お口の中が乾いた状態だとその機能がうまく働くことができず口臭を強く感じやすくなります。(歯科 口腔内カメラ

また、唾液の機能には酸性に傾いたお口の中を元の中性に戻す緩衝作用があります。その機能によりお口の中のpHが元の状態に戻ったらコーヒーによる口臭もなくなります。

f:id:monikutan:20170706174111p:plain

胃に負担がかかる

コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分が胃液の分泌を促進するため、胃が荒れやすくなります。特に体調がすぐれない時や疲れがたまっている時には胃が荒れやすくなりますので、胃腸機能が低下し、口臭が起こります。空腹時は特にこの作用が強くなるので、コーヒーは空腹時は避けて摂るのがオススメです。(手術用無影灯

利尿作用によって口が乾きやすくなる

コーヒーに含まれるカフェインの影響で、利尿作用があります。この利尿作用により体内の水分量が減少し、唾液の分泌量が減少してしまいます。唾液が減少すると、お口が乾きやすくなり口臭が強くなってしまうため注意が必要です。唾液の減少は、口臭の増加だけでなく、お口の中の細菌数を増加して虫歯や歯周病を悪化させることにもつながりますので、お口の渇きを感じた場合は水分を摂るようにしましょう。