ちょっと一言

気の向くまま書き込んでいこうかな、と考えています。

口臭がきつくなる習慣

1.寝る前に歯磨きをしない

朝の口臭がひどい人は、寝る前に歯磨きをしていない人です。歯磨きをしないと口内で増える細菌にエサを与えていることになります。
口臭がひどくなるのは、寝ている時間に増える細菌が原因です。口の中に食べカスや汚れがそのままだと朝の口臭がひどくなります。また、歯磨きが適当な人も口臭がひどくなってしまうと思いましょう。3分以下の人は、口臭がひどくなる傾向にあります。時間を掛けても歯の間を掃除していない人も臭くなると思いましょう。

2.舌の掃除をしない

自分の舌を見たとき、異常に白くなっている人は要注意です。異常に白いときは舌苔(ぜつたい)が原因で臭っています。(歯科ストレート
舌苔(ぜつたい)とは、口内の細菌や食べカスが舌上に残ったものです。舌苔(ぜつたい)は完全に消えることはありません。ほんのり舌の上にあるのが正常です。
しかし、この舌苔(ぜつたい)で真っ白のときは、口の中が汚れている証拠。歯磨きや舌の上の掃除ができていないことを意味します。

f:id:monikutan:20170525122138j:plain

3.寝る前にお酒を飲む

寝る前にお酒を飲む人は、口臭がきつくなると思いましょう。お酒の臭いだけが直接の原因ではありません。お酒を飲むことで体が乾燥するのが原因です。
お酒を飲むと体は水分を必要とします。これは、体の外へアルコールを出そうとして各臓器が水分を必要とするからです。体中から水分を必要とするため、口内からも水分が無くなりだ液が減ります。その結果、細菌が動きやすい環境となって口臭がひどくなると思いましょう。

4.口内が乾燥している

口の中が乾燥すると口臭がきつくなります。人の口内が乾燥するには、いくつか原因があると思いましょう。(歯科用ハンドピース
まず、寝ているとき口呼吸の人は乾燥が早くなるのです。鼻炎持ちなどの人は、口呼吸が続くと口の乾燥が早くなって口臭もきつくなると思いましょう。寝ているだけでなく日常生活でも注意が必要です。
もうひとつ、口内が乾燥する原因としてストレスがあります。人間は緊張すると口の中からだ液量が減ると言われているのです。この状態を「ドライマウス」と言います。ドライマウスが続くと鼻呼吸でもだ液が減ってくるのです。

5.口内で発生した病気をそのままにしている

虫歯や歯周病をそのままにしておくと口臭がきつくなると思いましょう。
虫歯や歯周病は、口の中で口臭の原因となる細菌を増やします。だ液が出ても細菌が多いと口臭がひどくなるのです。
特に、歯周病がひどくなると歯茎が腫(は)れて赤くなってきます。その一部が裂けて穴が開くと口臭はさらにひどくなると思いましょう。